飲む抹茶

公開: 2017年12月15日(金)

抹茶は、通常、一連の複雑な規則に従わなければならない日本の茶道の方法に従って作られています。 基本的な方法は、少量の抹茶パウダーをボウルに入れ、3回目のぬるま湯を入れて、竹スクレーパーでよくかき混ぜる方法です。 日本の茶道では、強い茶は4グラムの抹茶と60ミリリットルの沸騰水から作られています。 弱いお茶は抹茶2グラムと沸騰水60ミリリットルから作られています。 泡立つ抹茶はとても美味しく爽やかです。 今日では、伝統的な方法で抹茶を飲む人は少数ですが、抹茶は様々な絶妙な食べ物になり、多くの人々が楽しんでいます。